Wordpress | shortycolossus

Wordpress

no image

WordPressのタクソノミ一覧を取得したりタクソノミをもとにpost_typeを変更するSQL

タクソノミ(カテゴリーやタグ、カスタムタクソノミ)の一覧を取得するSELECT wp_terms.term_id,wp_terms.name,wp_terms.slug,wp_term_taxonomy.term_taxonomy_id,wp_term_taxonomy.taxonomy FROM wp_terms JOIN wp_term_taxonomy ON

no image

WordPressでテーマフォルダに追加した画像を呼び出す時に便利な ショートコード

テーマフォルダに追加した画像を呼び出す時に便利なショートコード。functionsにコピペすれば使えます。例えば、テーマフォルダの中にthemes/mytheme/img/sample.jpgという画像を置いたとしたら、Wordpressの記事内で[styleurl]/img/sample.jpgと記載すれば表示されます。もちろん、サーバーにアップロード

no image

クエリから番号を取得して都道府県や市区町村名を出力するWordPressショートコード

<?phpfunction echo_prefcityname($atts = null) {extract(shortcode_atts(array('default' => '地元'), $atts));ob_start();echo get_prefcityname($default);return ob_get_clean();}funct

no image

都道府県名や市区町村名をパラメーターから取得して表示するWordPressショートコード

広告を使ってると良く利用するのでコードにしておく。<?phpfunction sp_echo_prefcityname($atts) {extract(shortcode_atts(array('default' => '地元'), $atts));$citycode = (isset($_GET['citycode']))? $_GET['c

no image

functions内でget_post_typesを使う時はadd_action(‘init’)を使わないと取得できない

functions.php内でカスタム投稿タイプごとに設定を追加したいときに、ループで一気に書いてしまいたいことがあると思います。このとき、get_post_types()を使いたくなるのですが、このままでは動きません。なぜならfunctionsはinitフック(register_post_typesなどを実行するタイミング)よりも早く呼び出されるため、functi

no image

WordPressのナビゲーションでどれがクリックされたかをGoogle Analyticsイベントで計測する

グローバルナビなどを設定しているときに、どこのリンクがどれくらいクリックされているのかを見たくなることが良く有ると思います。 そういうときに、ナビの1つ1つのリンクにonClickを埋め込むのは非効率です。jQueryで数行書けば、どの項目を押されても全部計測してくれます。このサンプルの場合は、id=“global_nav”とid

no image

WordPressのカテゴリページやタクソノミページで直下の子ページだけを表示する

カテゴリや階層型タクソノミに直接紐づくページだけを表示Wordpressのカテゴリや階層型タクソノミのページは、直接紐づいている記事だけでなく、子カテゴリや孫カテゴリに紐づいている記事も全部表示されてしまいます。かといって、archive.phpやcategory.phpをWP_Queryを使っ

no image

WordPressのthumbnails周りで自分好みの画像サイズを作るときに必要な関数とプラグイン

[titile “Wordpressのthumbnails周りで自分好みの画像を用意するときに必要な関数とプラグイン"]add_image_sizeでサムネイル作成用のサイズを追加する

no image

【早めに設定したい!】WordPressのリビジョン取得頻度の変更とリビジョンデータの 削除方法

自動保存の間隔を調整する方法https://macoblog.com/wp-writing-autosave/#h-anker24リビジョンデータを削除する方法

no image

【覚書】WordPressのメディアにあるタイトル・キャプション・代替テキスト・説明は どうちがうのか?

タイトル:img属性のtitle要素。画像の補助説明を書く。ツールチップに表示。代替テキスト:img属性のalt要素。画像が表示されないとき用のテキストを設定。キャプション:WordPress独自の項目。画像の直後に画像の説明文を表示。説明:HTMLには書き出されない。管理画面で画像を探すときに使えるここのサイトがわかりやすかった。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus