Wordpress | shortycolossus

Wordpress

no image

Contact Form 7で送信したときにJavascriptのwpcfmailsentイベントで取得できる情報

コードdocument.addEventListener('wpcf7mailsent', function (event) { console.log(event);});結果(eventの内容)var event = {isTrusted: false,bubbles: true,cancelBubb

no image

Contact Form 7内でget_template_partするショートコード

Contact Form 7の中でphpファイルを呼び出したい場合に利用できます。function wp_gtp_cf7($atts) { //Contact Form 7内でget_template_partする $name_index = array_search('name=',$atts->options); $name = $atts->values[

no image

サーバー移転でWordPressの日本語ファイル(画像・音声)が表示されなくなった時の対処法

Multibyte Patchは使ってないファイル名はファイル管理のときに便利。Multibyte Patchは使ってない。なぜなら記事からメディアファイルを挿入するときに、ランダム文字列にサニタイズされたファイル名しか表示されないので大変困るから。だけど、サーバー移転のときには問題が起こる。URLを叩いても正しく表示されない何も表示されない場合は、文字コードが正

no image

jQueryとContactForm7で作るステップ式フォーム(Bootstrap・WordPress)

1画面内でステップが進むフォーム[video width="490" height="614" mp4="https://shortycolossus.honker.biz/wp-content/uploads/lcp24-m4s1x.mp4"][/video]解説1画面内で進んだり戻れたりするステップフォームです。bootstrap4

no image

Custom Taxonomy Orderを使うとterm_orderを管理画面上から直打ちでき るプラグイン

Wordpressでterm_orderを変更したい時に一般的なのはCategory Order and Taxonomy Terms Orderですが、これではterm_orderの値を直打ちすることはできない。 そこで別のプラグインCustom Taxonomy Orderを使用すると、termの編集画面でterm_orderの値を直打ちできるようになります。termが親を持っている場合、

no image

WordPressのスタイルシートの更新日時を取得してパラメータを付 与する

date_default_timezone_set('Asia/Tokyo');$css_path = get_stylesheet_directory().'/style.css';$css_version = date('Ymd-His',filemtime($css_path));wp_enqueue_stylesheet( ’style.css' , ge

no image

WordPressのタクソノミ一覧を取得したりタクソノミをもとにpost_typeを変更するSQL

タクソノミ(カテゴリーやタグ、カスタムタクソノミ)の一覧を取得するSELECT wp_terms.term_id,wp_terms.name,wp_terms.slug,wp_term_taxonomy.term_taxonomy_id,wp_term_taxonomy.taxonomy FROM wp_terms JOIN wp_term_taxonomy ON

no image

WordPressでテーマフォルダに追加した画像を呼び出す時に便利な ショートコード

テーマフォルダに追加した画像を呼び出す時に便利なショートコード。functionsにコピペすれば使えます。例えば、テーマフォルダの中にthemes/mytheme/img/sample.jpgという画像を置いたとしたら、Wordpressの記事内で[styleurl]/img/sample.jpgと記載すれば表示されます。もちろん、サーバーにアップロード

no image

クエリから番号を取得して都道府県や市区町村名を出力するWordPressショートコード

<?phpfunction echo_prefcityname($atts = null) {extract(shortcode_atts(array('default' => '地元'), $atts));ob_start();echo get_prefcityname($default);return ob_get_clean();}funct

no image

都道府県名や市区町村名をパラメーターから取得して表示するWordPressショートコード

広告を使ってると良く利用するのでコードにしておく。<?phpfunction sp_echo_prefcityname($atts) {extract(shortcode_atts(array('default' => '地元'), $atts));$citycode = (isset($_GET['citycode']))? $_GET['c

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus