コードレシピ | shortycolossus

コードレシピ

no image

WordPressの子テーマのCSSに更新日時のパラメータをつけてブラウ ザキャッシュを回避する

スタイルシートを変更したときに、ブラウザキャッシュが効いていると見た目が崩れることがあります。ブラウザキャッシュを回避するには、スタイルを呼び出すときにパラメーターでバージョンを持たせるとできます。add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_enqueue_styles' );function theme_enqueue_style

no image

WordPressで特定のタクソノミーアーカイブの並び順と表示フィル ターの指定方法

ここではsession_startに格納されているY-m-d H:i:s形式の日付と比較しています。query_postsを使うとサイトが遅くなるので使ってはいけません。pre_get_postsを使用することでloopを回す前にqueryに変更をかけることができます。

no image

問い合わせシステムに通し番号を付与させるphpコード

サンクスページに年ごとの通し番号を付与させるコード。フォルダにデータを記述することで、重複の無い登録にする。// shortycolossus ///////////////////////// 通し番号(SSi0000077のようなもの)を作る ここから////////////////////////////////////////// 任意設定// シリアル番号の頭文字$co

no image

コピペOK!WordPressのカスタマイズ画面で会社名を一括管理できるコード

移転の際などに、サイト上のいたるところに記載された会社情報を一元管理したい!というニーズが自分の中で高まったので作りました。ショートコードを利用して記事内で表示することも可能です。////////////////////////////////////////////////// 会社情報をカスタマイズに追加する// get_option( 'company_info[name]'

no image

WordPressのアーカイブページでアクセス数順に表示するためのコード

[post_status draft]post_views_countを設定した前提。archiveページなどで、アクセス数順に表示したい場合のコード。<?phpglobal $wp_query;$args = array( 'post_type' => array('post','paint','review','vendor') ); $post_t

no image

WordPressでページごとのページビュー数を記録するコード

[post_status draft]人気記事ランキングなどを表示するときに便利。phpで取得するので、kusanagiなどのサーバーキャッシュを活用している場合は値が厳密では無くなるけれど、参考になる数字は取れると思います。//functionsに追加//アクセス数を保存function set_post_views($postID) {$count_key = 'post_v

no image

WordPressで記事内で別記事を表示する(get_the_contentする)ショートコード

記事をテンプレート化して他の記事内に入れたい時に使います。functionsに以下のコードをコピペすればOK。使い方は以下[get_the_content id="記事番号" wpautop="trueかfalse defaultはfalse" shortcode="trueかfalse defaultはfalse"]wpautopをt

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus